/ 大阪夕陽丘学園短期大学

建学の精神・教育理念

建学の精神 愛と真実

創立者 里見純吉

建学の精神と教育理念

創立者 里見純吉
(株式会社大丸第2代社長)

創立者で、愛の実践者である里見純吉は、「学園に来り学ぶ者は、知識や技能よりも、その第一に“良い人間”になることを心がけねばならない」と、人格教育の建学の精神を説き、「愛と真実こそ“良い人間”になるための根本で、真の愛は好き嫌いを超えて人を愛する大きな愛(アガペー)であり、真実とは相手を思いやり、人を偽らないことである」と、教育理念を説いた。

学長のことば

創立者 里見純吉

豊かな人間形成と高い専門性で、
夕陽丘はあなたの未来を共に拓きます

本学園の創立者、株式会社大丸第2代社長の里見純吉が説いた、「良い社会人である前に、良い人間であること」、これが本学の建学の精神です。専門知識や技能を身につけるだけでなく、内面的にも豊かな人間形成がなされることを重視します。高い資格取得率、高い就職率、高い専門性(各分野で活躍する教員や博士号を持つ研究者)などの特徴を大切にしながら、学生と共にNo.1の教育力を自慢できる大学をめざしています。

学長 東田 晋三